2011年6月29日(水)
ウイルスが起こす白血病(ATL)

成人T細胞性白血病(ATL)という病気をご存知でしょうか。
血液のがんの多くは原因がはっきりわかっていませんが、ATLはヒトT細胞白血病ウイルスI型(HTLV-I)というウイルスによって起こることがわかっています。
しかし、このウイルスに感染した人全員がATLを発症するわけではなく、発症するのは感染者の2~5%の確率です。
HTLV-Iに感染しても大部分の人はATLを発症せず、体内にウイルスを持っているだけの状態(キャリア)で一生を送ります。キャリアがATLを発症する時の平均年令は60歳、つまりHTLV-Iに感染してから発症するまでには数十年という長い潜伏期間があるのです。
ATLの治療は他の血液がんと同様に抗がん剤治療が行われます。
しかし、これまでなかなかいい治療法がありませんでした。しかし、最近では骨髄移植や臍帯血移植という治療がおこわなれるようになり、比較的若い患者さんにはこの治療が行われています。とはいえATLはまだまだ治療が難しい病気です。発症してからの治療はもちろん大切ですが、発症する可能性がある人、すなわちHTLV-Iキャリアを減らすことも大切です。
HTLV-Iの感染経路は主に3つです。
1.母乳や胎盤を通じた母子感染
2.性交渉による感染
3.輸血などの血液を介する感染です。
この中で最も重要な感染経路は母乳ですが、HTLV-Iキャリアの母親の母乳を止めればHTLV-I感染が100%予防できるかというと、そうとも限りません。
母乳によるHTLV-I感染の可能性を少しでも少なくするため、3ヶ月以内の短期授乳や母乳を一旦凍らせ解凍してから授乳するといった工夫も試みられています。
現在、福岡県では妊婦さん全員HTLV-Iの検査は行っています。わからない事がありましたらいつでも質問されてください。

2011年6月14日(火)
授乳中女性の被ばくによる胎児への影響

まず、本題に入る前に放射線量の単位について説明します。放射能に汚染された農作物、
原乳、さらに水道水などに付着したり、含まれる放射能の量の単位をベクレルと言います。
また、被ばくした時の放射線の量は線量で表し、線量の単位はシーベルトです。
放射線物質の種類、摂取経路によって、身体への影響は異なるため、人体への影響を表すシーベルトはシーベルト=ベクレル×実効線量係数によって計算されます。<例>300ベクレルの放射性ヨウ素131の入った食物を食べた時の人体への影響は、300ベクレル×2.2×10=0.0066ミリシーベルト被ばくしたことになります。
このことを理解して本題に入ります。母乳中に分泌される放射性ヨウ素は摂取した量の4分の1程度と推測されるが、確定的なことはよくわかっていません。母体血中の放射性ヨウ素の濃度に比べ、乳児汁中では低いと言われています。放射性物質を含む水道水(軽度汚染水道水と表現)を長期にわたって飲んだ場合の健康への影響はどれくらいあるか、母体被ばく量は以下のように算出される。
500ベクレル/kgの水を1日1リットルずつ365日飲むと500×365×2.2÷100=4,015マイクロシーベルト(約4.0ミリシーベルト)となります。胎児に悪影響が出るのは同等以上の被ばくが起こった場合と推定されます。
以上より、授乳中女性が軽度の汚染水道水を連日飲んで授乳を持続しても乳幼児に健康被害は起こらないと推定されます。また、妊娠中女性が連日飲んでも母体ならびに胎児に健康被害は起こらないと推定されます。
しかし、被ばくは少ないほど安心であり、軽度汚染水以外の飲み水を利用できる場合には、それらを飲用することを勧めます。また、妊娠中の女性は脱水に注意する必要があります。したがって、のどが渇いた場合は決して我慢しないで水分を取る必要があります。
そんな時はスポーツドリンク、ミネラルウォーター、ジュース、牛乳などを摂取するのがいいでしょう。

2011年6月 1日(水)
モーニングアフターピル

今度、緊急避妊専用の新しい薬が発売されました。以前も同様の薬はあったのですが、
緊急避妊専用の薬はこの薬が初めてです。
薬の名前は「ノルレボ」といいます。
この薬は避妊に失敗した場合、または避妊しなかった場合に使用する薬であり、
通常の経口避妊薬のように計画的に避妊する薬ではありません。
使用法は性交後72時間以内に2錠飲みます。
早ければ早いほど避妊効果は良いと思われます。
もちろん、完全に妊娠を阻止することはできません。
月経が遅れた時には必ず検査を受ける事が必要です。


ノルレボ錠.jpg